理想のまつげを目指す人に人気の、まつげ美容液。

まつげが美しく元気になるというメリットがある反面、いざ使ってみるとデメリットを感じることもありますよね。

そこで今回は、まつげ美容液の「メリット」と「デメリット」を徹底調査! 

まつげ美容液を検討中の人や、やめようか迷っている人にも、きっと役立つリアルな情報をお届けします。

スポンサーリンク

まつ毛美容液の10のデメリットとは?

それではまず、まつげ美容液の「デメリット」から見ていきましょう。

即効性は期待できない

まつげ美容液は、即効性があるものではありません。

様々な美容成分が美しく健康的なまつげへ導いてくれますが、直ちにその効果を感じることはあまりないでしょう。

すぐに美しいまつげが手に入る!と、まつげ美容液に「過剰な期待」を掛けていると、使用感に不満を抱いてしまうかもしれません。

継続する必要がある

まつげ美容液は、継続しなければその良さを発揮できません。

様々な美容成分が、使い続けるほどにまつげを育てるため、毎日ケアすることが何より大切なのです。

また、使用をストップすると元の状態に戻ってしまうこともあり、めんどくさがり屋さんには不向きかもしれません。

高価な美容液も多い

まつげ美容液の中には、一万円ほどする高価な商品も多くあります。

このような高機能まつげ美容液は、まつげの良い変化を感じやすい反面、値段がネックとなり継続が難しいこともあるようです。

継続ケアができなければ、元のまつげ逆戻り!高価な美容液代が水の泡になることも。

効果にばらつきがある

数百円で買えるものから一万円を超えるものまで、まつげ美容液の値段はピンキリです。当然、値段により配合されている成分も異なるため、商品の効果にも大きなばらつきが生じます。

「まつげ美容液はどれも同じ!」と考えていると、満足できる結果を得られないことがあるかもしれません。

皮膚トラブルが起きる場合もある

まつげ美容液は、敏感な目元に使うもの。そのため、ユーザーの体質や体調によっては、皮膚トラブルが起きる可能性もゼロではありません。

皮膚が元もとデリケートな人は、刺激の少ないまつげ美容液を使うなど、配慮が必要です。

目に入ると滲みることがある

まつげ美容液が誤って目に入ると、滲みることがあります。

各メーカーは安全検査を入念に行っていることがほとんどですが、目の腫れや炎症を引き起こすこともあるため、注意が必要です。

特に、欲張って大量に塗ろうとすると、目に入るリスクも高まります!使用の際には、規定量を必ず守ってくださいね。

「育毛効果」が認められているのは、医療用まつげ育毛剤のみ

市販のまつげ美容液はまつげを健康的な状態に導いてくれますが、確実な育毛効果は認められていません。

確かな育毛効果が認められているのは「医療用まつげ育毛剤」のみ。そのため、確実にまつげを育毛したい人には、市販のまつげ美容液は不向きかもしれません。

医療用まつげ美容液(育毛剤)は、副作用が起きることも

まつげの育毛に高い効果を発揮する「医療用まつげ美容液(育毛剤)」ですが、副作用で「色素沈着」が起きるリスクがあります!

せっかくまつげが伸びでも、目元がくすんでしまっては残念ですよね。使用の際には目元を拭ったり、皮膚に付かないよう注意する必要があります。

医療用まつげ美容液(育毛剤)は入手に手間がかかる

劇的なまつ育効果が望める「医療用まつげ美容液(育毛剤)」ですが、購入には少々手間がかかります。

「医療用まつげ美容液(育毛剤)」は、あくまで医薬品。そのため、医療機関を受診しなければ購入することができないのです。

個人輸入を利用する人もいるようですが、あくまで自己責任!偽物が販売されていることもあるため注意が必要です。

マツエクと相性が良くない美容液もある

まつげ美容液の中には、マツエクと相性が良くない商品もあります。

特に、「油分」が多いものはマツエクのグルーを劣化させるため、マツエクのもちが悪くなる原因になることも。

知らずに使用することがないよう、十分確認する必要がありそうです。

まつ毛美容液の10のメリットとは?

続いて、まつげ美容液のメリットを見ていきましょう。デメリットを上回る良さが沢山ありますよ!

まつげを美しく元気にする

まつげ美容液は、まつげを美しく元気にしてくれます。

沢山の美容液成分が、まつげを健康的な状態に近付け、加齢や日々のメイクで受けたダメージも改善。ハリコシのある、強くしなやかなまつげを叶えます!

継続ケアさえ怠らなければ、まつげ本来の美しさを、取り戻すことができますよ。

沢山の種類から悩みにピッタリな美容液を選べる

最近のまつげ美容液の進化は、驚くことばかり!数えきれないほど多くのまつげ美容液が登場し、その成分も多岐に及びます。

そのため、まつげの悩みにピッタリの美容液が必ず見つかると言っても、過言ではありません。まつげの状態に合った美容液をチョイスし、より効率的にまつげを美しく育てましょう。

※まつげの悩みにピッタリな美容液の選び方は、【初心者向け】おすすめまつげ美容液8選〜お悩み別の選び方〜」にて詳しくご紹介しています。併せてご覧ください。

手軽にケアできる

市販のまつ毛美容液には、大きな副作用はありません。そのうえ、サッと簡単に塗るだけのものが多いため、まつげを手軽にケアすることが可能です。

毎日の小さな積み重ねで、ハリツヤのある美しいまつげが目指せます。

医療用まつげ育毛剤なら、確かな「まつ育効果」を実感できる

色素沈着のリスクがある「医療用まつげ美容液(育毛剤)」ですが、その確かな育毛効果は魅力的。使いはじめて1ヶ月程で効果を感じはじめ、2・3ヶ月後には目に見える変化がハッキリと現れると言われています。

医療用まつげ美容液(育毛剤)と上手に付き合うことができれば、濃く長く伸びた魅惑のまつげがあなたのものに!

マツエクをしたまま使える美容液もある

マツエクの需要が高まっている今、マツエクをしたまま自まつげケアができる美容液も登場しています。

中でも「マツエク専用まつげ美容液」は、マツエク支持者の方に特におすすめ。自まつげケアはもちろん、マツエクをコーティングし、美しく演出してくれます。

マツエクを装着しやすくなる

細く少ないまつげでは、マツエクが装着しにくいと言われています。

まつげ美容液で自まつげの健康が戻れば、マツエクが付けやすく、もちもアップすることが期待できますよ。

すっぴんに自信が持てる

綺麗に生え揃ったまつげは、それだけで目元を華やかに彩りますよね。まつげ美容液を継続することで、すっぴんも怖くない!という自信が生まれます。

メイクが楽になる

まつげが美しく元気になると、余計なメイクが必要なくなります。マスカラに時間を割く必要もなくなるため、朝のメイクがグッと楽になりますよ。

目元ケアが一緒にできる美容液もある

最近では、まつげのみならず「クマ」や「瞼」のケアができるまつげ美容液も登場しています。このような高機能まつげ美容液を使用すれば、目元全体の印象を底上げすることが可能です!

まつげに対する意識が向上する

まつげ美容液を使うことで、まつげを大切に扱う習慣が身に付きます。

メイクをやさしく落とす、目をこすらないなど、まつげに対する意識が向上することで、より健やかなまつげを保つことにつながります。

まとめ

まつげ美容液の「メリット・デメリット」をお伝えしましたが、いかがでしたか?

様々な意見がありますが、一番大切なのは

  • 自分に合ったまつげ美容液を見つける
  • まつげ美容液を継続的して使う

この2点です!

この記事を参考に「何を重視すべきか」よく見極め、理想のまつげへ一歩前進して下さいね。

 

編集部おすすめのまつげ美容液

eyelaceed(アイラシード)|まつげ美容液

株式会社スリーズより販売されているまつげ美容液アイラシード。発売半年で累計販売本数3万本を突破するなど、かなり話題のまつげ美容液。美容皮膚科・アイリストとの共同開発で、まつげを伸ばして太くする成分を贅沢に配合。また全て国内工場で製造し、合成香料、合成着色料、シリコン、鉱物油、紫外線吸収剤、オイルを使用しない無添加仕上げにより安心して利用できるのも人気なポイント。気になった方はぜひチェックしてみてください!

この記事を読んだ方はこんな記事も