時間がない朝のメイクの時短を叶えてくれるまつげパーマ。

すっぴんの目もとにもほんのり華を添えて自信を持たせてくれるため、是非一度は取り入れてみたいものです。

今回は、技法が進化した次世代まつげパーマと従来のまつげパーマとの違いについてご紹介します。

 

スポンサーリンク

まつげパーマの最新事情

そもそも「まつげパーマ」とは化粧品登録されたカール剤とセット剤を使い、毛先にカールをつけるものです。

最近では、より日本人の目もとに似合うように、より目もとに優しくと、さらに技法が進化したまつげパーマが登場しています。

それは、「パリジェンヌラッシュリフト」、「アッパーリフトカール」、「ケラチンラッシュリフトボックス」といったネーミングのついたまつげパーマです。

呼び名はそれぞれあるものの、実際どれも同じパーマのことを指しています。

今回は、「パリジェンヌラッシュリフト」で名前を統一してご紹介します。

 

次世代まつげパーマとは

従来のまつげパーマでは、まつげをカールするデザインがくるんとした可愛らしいものでした。

もちろん、ロッドの大きさでカールのデザインも多少変えることができます。それでは、次世代まつげパーマはどんな特徴をもっているのでしょうか。

カールではなく、まつげの根元からほぼ垂直にたち上げる

次世代まつげパーマでは、まつげの根元からほぼ垂直に、80度の角度でまつげを立ち上げていきます。

これによって自まつげの長さが最大限に活かされるため、「まつげが短くて少ない」と感じている人にとっては劇的な変化を感じることができるのです。

また、まつげを持ち上げることでまぶたもグッと上げてくれるため、まぶた全体のリフトアップ効果もあります。

日本人に多い「下がりまつげ」向けに開発

ネーミングを見ると、フランスからやってきた技術と思われがちですが、実は日本人の目もとにマッチするよう作られた日本発の技術を駆使。

名前の由来は、「パリジェンヌのように自然に際立つ目もとに」という願いを込めたものなのだそうです。

日本人の8割の人がまつげが下がっているため、パリジェンヌラッシュリフトはカールだけでは出せなかった「長さ」を確実に提供し、ほとんどの日本人の悩みを解決してくれます。

 

パリジェンヌラッシュリフトのメリットとデメリット

次世代まつげパーマとして、よりユーザーの需要にかなっているような印象を受ける「パリジェンヌラッシュリフト」。ここではそのメリットはもちろん、デメリットについても見てみましょう。


パリジェンヌラッシュリフトのメリットは?

従来のまつげパーマに比べ、まつげがぐんと長く見えると評判のパリジェンヌラッシュリフト。

ここでは、従来のものやマツエクとも比較しつつ、どんなメリットがあるのかについて見てみましょう。

  • まつげが短い人はもちろん、まつげの長い人、まつげの量が多い人の自まつげを劇的に長く濃く見せることができる。
  • マツエクや従来のまつげパーマに比べ、施術に使われるクリームの自まつげへの負担が少なく、モチもよい。また、まつげをケアしながら育てることができる。
  • 従来のまつげパーマでは叶わなかった、マツエクとの併用が可能。
  • ビューラーの限界で上げきれない目尻や目頭も根元から確実にアップ。
  • まぶたのリフトアップ効果でエイジングケアにも。
  • くせ毛、逆さまつげの矯正効果も期待できる。

従来のまつげパーマに比べると、マツエクとの併用が可能なのもポイント。また、根元からすでに立ち上がった状態をキープできるから、マスカラもグンと塗りやすくなります。

 

パリジェンヌラッシュリフトのデメリットは?

パリジェンヌラッシュリフトには、従来のまつげパーマに比べるとメリットがたくさんあることが分かりました。

しかしデメリットは常につきもの。ここでは、どんな目のカタチでも施術が可能なのか、アレルギーはないのかなどについて見てみます。

  • 一重まぶた、頑固な逆さまつげの人は根元から立ち上がらないことも。
  • まぶたに厚みがあると、まつげを根元から立ち上げられないので施術が不可。
  • まつげにボリュームが欲しい人には物足りなさが感じられる。

  • 化粧品登録薬剤成分へのアレルギーがある人はかけられないので注意が必要。

目のかたちや薬品へのアレルギーによって、そもそも施術ができないというメリットも。事前に確認することをおすすめします。

 

これまでのパーマとの違い

これまでのまつげパーマと、次世代まつげパーマ「パリジェンヌラッシュリフト」との違いについて分かりやすくまとめました。

パーマの仕上がりやモチ、メイクオフの仕方についてもチェックを。

従来のまつげパーマ 次世代まつげパーマ
カールのデザイン 根元は立ち上がらず自然のまま。毛先だけをカールしてアップ。 根元から80度の角度でたち上げる。毛先はナチュラルなまま。
仕上がりの印象 毛先がくるんとしたまつげで、可愛らしい目もとに。 目がぐんと大きく見えることで、目ぢからがアップ。
パーマのモチ 3〜4週間 4〜6週間
マツエクとの併用 不可
メイクオフの方法 オイル系クレンジングはパーマがとれやすいので避ける。専用のクレンジングを使用するのがベター。 オイルクレンジング可。
施術時間 平均60〜70分 平均70〜85分
施術後の注意点 24時間はカールを定着させるためまつげをこすらない。マスカラは24時間避ける。 目もとは3〜4時間ぬれないようにする。

 

パリジェンヌラッシュリフトおすすめポイント

それでは、パリジェンヌラッシュリフトを取り入れ、より楽しむためにはどうすればよいでしょうか。

エクステとの併用でより印象的なまつげが実現

従来のまつげパーマでは、毛先のカールがあるためエクステとの併用ができませんでした。

でも、パリジェンヌラッシュリフトなら、エクステとの併用が実現できます。

よりまつげにボリュームを持たせたい人、より長いまつげを手に入れたい人にはおすすめです。

オイルクレンジングがOKだからお手入れも簡単

マスカラなどがメイクオフしやすいため、オイルクレンジングを重宝している人は多いはず。オイルクレンジングを使っても大丈夫なため、毎日のまつげのお手入れも簡単です。

使うマスカラをマツエク専用のものにすると◎

まつげに施術をしていると、使うマスカラには注意が必要です。

自まつげに負担をかけずにメイクオフできるようにするためにも、ウォータープルーフタイプのマスカラは避けたほうがベター。

まつげが以前よりもぐんと長く上向きになっている状態なので、そもそもマスカラをしっかりぬらなくても物足りなさは感じない人も多いでしょう。

まつげ美容液でまつげをしっかりケアしよう

自まつげを活かすパリジェンヌラッシュリフトだからこそ、日ごろからまつげに潤いを与え、ケアをすることが肝心。

次の施術に備え、自まつげのコンディションを整えておきたいものです。

 


まとめ

今回は、次世代型まつげパーマについて、従来のまつげパーマとの違いを詳しくご紹介しました。

もう既に、パリジェンヌラッシュリフトを一度は試してみたいと思われている人は多いはず。

メリット・デメリットを踏まえ、自分に合ったまつげパーマを選んでみましょう。

 

編集部おすすめのまつげ美容液

eyelaceed(アイラシード)|まつげ美容液

株式会社スリーズより販売されているまつげ美容液アイラシード。発売半年で累計販売本数3万本を突破するなど、かなり話題のまつげ美容液。美容皮膚科・アイリストとの共同開発で、まつげを伸ばして太くする成分を贅沢に配合。また全て国内工場で製造し、合成香料、合成着色料、シリコン、鉱物油、紫外線吸収剤、オイルを使用しない無添加仕上げにより安心して利用できるのも人気なポイント。気になった方はぜひチェックしてみてください!

この記事を読んだ方はこんな記事も