腸活を始めたいと思っていても、本当に効果があるのかという不安や心配を抱いている人は多いのではないでしょうか。

腸活はやる意味があるのか、それとも努力しても意味ない結末になって後悔するのか、腸活の本当のメリット、そしてデメリットを徹底的にリサーチしてみました。

スポンサーリンク

そもそも腸活って何?

腸活とは、きれいで健康な腸内を目指す活動をすること、腸に良い食べ物、運動やマッサージなどを駆使し腸内環境正常化をめざすということです。

近年注目されている腸内フローラの改善や善玉菌の増加、腸内の環境をよくする菌活などを行いダイエットや便秘解消、肌荒れ対策などの効果を生み出すメリットがあります。

腸活して腸内の状態を良好に維持することは、便秘やダイエットの実現にとどまりません。

人間の免疫機能の8割が集中している腸を健康にすることで、免疫機能アップも期待できます。

また健康な腸内からホルモンがしっかりと分泌されることで、心身の健康状態を整えることにも密接に関わっているのです。

 

腸活って意味あるの?

では実際、腸活は本当に意味があるものなのかについて見ていきましょう。

まず、人間の基本的な行動である「食べる」「寝る」「活動する」の3つの行動に、腸活がどれほど関与しているかを考えてみます。

すると、人間の基本行動には、腸活がかなり深く関わっていて、切っても切り離せない関係性があることがお分かりいただけるでしょう。

「食べること」

そもそも人間の生命維持や活動は、普段食べているものによって支えられています。

食べなければ生命を維持できませんし、健康に食べなければ活動に支障をきたしてしまうからです。

しかしただ単に食べてさえいればいいというものではありません。

食べたものから生命維持や活動に必要な要素を取り込んでいる器官、それが腸です。

腸内環境が悪く、食べたものを効率よく吸収そしてエネルギーに変換できなければ、健康的な生活ができず、やがて生命が燃え尽きてしまうでしょう。

つまり腸活で腸内の状態が良好であれば、元気に生き生きと活動できるという事になります。

腸活をする事は、ただ食べて生きるのではなく、健やかに自分らしく生きることができるようになる方法なのです。

「寝ること」

寝ている間は腸が最も活発に活動する時間帯で、睡眠を十分にとるだけでも腸活になる事をご存知でしょうか。

目覚めからスッキリし一日のスタートがスムーズに切れれば、その日を快適に元気に過ごすことができます。

これは夜の間にしっかりと腸が活動する事で、食べ物の消化吸収、排出がスムーズに行われているからです。

腸の働きが弱まると、寝ている間のゴールデンタイムに消化吸収、そして排せつの準備ができません。

また免疫機能が低下し、健康的に目覚めて活動することが難しくなってしまうのです。

腸活をすれば就寝時間帯の腸の活動がスムーズになり、より自分らしい健やかな毎日を送れるようになります。

寝るというシンプルな行動だけでも腸活効果は大きく、生活する上で大きな意味合いを持っているのです。

「活動すること」

日々の活動には、体力と免疫機能が大切です。

虚弱体質では活動し続けることが難しいですし、免疫機能が弱まっていれば、すぐにダウンしてしまいます。

腸活はこうした日々の活動においても重要な意味を持つと言えます。

腸活で常に健康で元気な腸なら、栄養をしっかりと吸収し活動に必要な成分を速やかに体に摂り入れることができます。

また免疫機能がしっかりと働いて病気や疾病のリスクが減少します。

腸内が不健康だと快適な毎日はまず実現しないのです。

こうした観点からも、腸活は非常に意味があるものといってよいでしょう。

 

腸活のメリット

では腸活することのメリットについてご覧いただきましょう。

自分では見えない体内にある腸はついついケアを忘れがちですが、腸活でしっかりとケアすることで以下のようなさまざまなメリットが生まれてきます。

便秘改善

腸の収縮運動が促進されることによって、多くの人が悩む便秘改善に非常に大きな効果を発揮します。

老廃物や毒素を含む不要物の排出をスムーズにすることは、将来の健康寿命まで関係してきます。

冷え性改善

腸内環境が整い、腸が自ら環境を整え整腸ができるようになると、腸内の保温ができるようになります。

腸が温まると体全体が温まり、冷え性によるさまざまな症状緩和につながります。

肌荒れ改善

腸内環境正常化によって免疫機能アップ、さらに悪玉菌を減らすことによって肌荒れしにくくなります。

ニキビや吹き出物の原因となる老廃物の排出がスムーズになることでも肌が美しくなる効果あり、また腸内でビタミンの合成がスムーズになる事で肌に必要なビタミンも十分に確保できるようになります。

免疫力アップ

ただ単に風邪やインフルエンザ予防だけでなく、前述のような肌疾患から、細胞老化という効果も期待できます。

アンチエイジング、そして血管年齢を若々しく維持することで生活習慣病予防や成人病のリスクも減少するのです。

精神安定効果

精神を安定させるホルモン「セロトニン」の生成には腸が大きくかかわっています。

腸が健康でなければセロトニンの合成が上手くいきません。

ダイエット効果

溜め込まない、老廃物の排出がスムーズな体になる事で脂肪をためにくくなり、ダイエット効果が生まれるようになります。

さらに体全体の新陳代謝がアップして燃焼しやすい体作りが実現します。

 

腸活のデメリット

腸活はメリットが多く、デメリットはほとんどないといえます。

しかし深刻なものではありませんが、注意すべき点がいくつかありますので、デメリットとならないように意識して取り組んでください。

以下の点に注意すれば、デメリットによって腸活が意味ないもので終わってしまうという事態を避けられます。

 

腸活を意識しすぎてストレスを感じてしまう

あまりにも一生懸命に取り組み過ぎてしまい、腸活自体がストレスの根本とならないように注意しましょう。

ストレスで体調を崩してしまっては、腸活が意味のないことになってしまいます。

対策としては、むきになってやらない事、すぐに結果を求めないことです。

1日腸活をやめる日も設ける、腸活は平日だけで週末は休むなど、ストレスのたまらない方法を自分なりに考えてみましょう。

挫折してしまうと罪悪感を感じる

例えば腸活を始めてもすぐにやらなくなってしまったり、忙しくてできない日があったりして、挫折感を味わってしまう人も少なくありません。

しかしほんの少しでも腸活をやったという事実は、全く意味ないことなのでしょうか。

そうではありません。

三日坊主でもやらないよりはずっと腸に良い影響を与えています。

三日坊主を何度も繰り返せば、三日おきに腸活をしていることになります。

例え短期間で挑戦と挫折を繰り返すでもOKなのです。

定期的に腸活しているという発想の転換で、罪悪感を感じる必要はありません。

全くやらないよりも、少しの期間でもやった方が良いという前向きな考え方にシフトチェンジしましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

腸活は少しずつでもやることで腸内に良い影響を与えることができ、意味がないという事は決してありません。

自分ができることから、日常生活で取り入れやすい方法からでも腸活を始めない手はないのです。

腸活のメリットを知ったこの機会に、ぜひ腸活をスタートさせましょう。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も