理想のまつげを育てるために使われる、まつげ美容液。しかし、商品によってはそのまつげ美容液で「色素沈着」が起きる可能性があることをご存知でしょうか?

せっかく理想のまつげを手に入れても、目元がくすんでしまっていては悲しいですよね。

そこで今回は、「まつげ美容液が原因で起きる色素沈着」に大注目!

まつげ美容液で色素沈着が起きるのは本当なのでしょうか?

原因やその対処法などを丁寧に解説していきます。

スポンサーリンク

まつげ美容液で色素沈着する原因とは?

まつげを劇的に伸ばすと言われている、「ルミガン」をご存知でしょうか?

ルミガンは「まつげ美容液(育毛剤)」として日本では、一部の美容皮膚科などで販売されていますが、元々は「緑内障」の治療薬の目薬です。

副作用で「まつげや目元の毛が伸びる」ことに注目が集まり、本気で「まつ育」したい女性の間で話題となっています。

ただ、海外の通販などを利用しなければならず、目薬をまつげに塗布するという、本来の使用方法と異なる使い方をする人も多いとか。

また、ルミガンには「まつげが伸びる」他にもう一つ副作用があります。

それが、目元の「色素沈着」です。

ルミガンには「ビマトプロスト」という成分が含まれており、この成分がまつげを伸ばす反面、色素沈着を起こす原因となっているのです。

また、「グラッシュビスタ」「ラティース」「ケアプロスト」などのまつげ育毛剤にも、ビマトプロストが配合されています。

ルミガン同様、使用の際には「くすみ」や「黒ずみ」などの色素沈着に注意しましょう。

ビマトプロストの効果とは?

色素沈着のリスクはありますが、本当にまつげが伸びると評判のビマトプロスト。その効果は、一体どれほどのものなのでしょうか?

  • まつげが太く・濃く・長くなる
  • 1ヶ月ほどで効果を感じはじめ、2・3ヶ月後には目に見える効果が現れる
  • マスカラやマツエクが必要なくなった
  • 元もと細かった毛が太く強くなった

など、まつげへの高い育毛効果は本物のようです。

今すぐその効果を実感したい!と思う方もいるかもしれませんが、ビマトプロスト配合のまつげ美容液(育毛剤)は、残念ながら手軽に購入できるものではありません。

先ほどご紹介したように、ビマトプロスト配合のまつげ美容液(育毛剤)は、あくまで医薬品!

そのため、購入するには皮膚科や美容外科などを受診する必要があるのです。

一方、海外ではビマトプロスト配合のまつげ美容液が次々と開発され、一般に広く流通しています。中でも「リバイタラッシュ」は有名です。

日本ではビマトプロストの代わりに「8つの美容成分」を配合した、日本限定仕様で販売されています。

ビマトプロストの効果的な使用方法と注意点

ビマトプロストの効果的な使用方法

ビマトプロストの効果を最大限に発揮するには、決められた使用法を守り、正しく使うことが一番です。

  • 継続的に使用する
  • 医師の指示のもと、使用量・使用頻度を守る
  • 上まつげの生え際のみに塗布する

このようなポイントをおさえ、ビマトプロストの確かな効果を実感しましょう!

ビマトプロストを使用する際の注意点

ビマトプロストはあくまで医薬品。使用する際には以下の点に注意しましょう。

  • 必ず医師の処方のもと購入する
  • 専用アプリケーターを使用する
  • 目をこすらない
  • 下まつげには使用しない
  • 塗布した後は、目の周りをよく拭き取る
  • 眼球の色素沈着にも注意する

中でも特に注意が必要なのは、「必ず医師の処方のもと購入する」という点です。

海外の通販サイトを利用し「個人輸入」で安く購入する人もいるようですが、偽物や類似品も出回っているため危険です!必ず病院を受診し、トラブルが起きた際にフォローを受けられる体制を整えておきましょう。

また、色素沈着を防ぐためには、目の周りを拭き取ることも忘れてはいけません!少し面倒でも、塗布した後に拭うことを習慣にして下さいね。

さらに、ビマトプロストが目に入ると、眼球(特に茶目)の色が変化してしまうこともあるようです。使用の際には目に入らないよう十分注意しましょう。

まつげ美容液で色素沈着した時の対処法

気を付けていたのに、色素沈着を起こしてしまった!そんな時には、以下のような対処を行いましょう。

  • 医師に相談する
  • くすみや黒ずみを感じたら、使用を中止する
  • 肌のターンオーバーを促す

何よりも大切なのは、まず医師に相談すること。まつげ美容液(育毛剤)を購入した病院を受診すれば、適切なアドバイスが受けられるうえ、色素沈着が酷い場合には治療薬を処方してもらうことも可能ですよ。

次に大事なのは、色素沈着を感じたらすぐに使用を中止すること。そのまま使い続けて、色素沈着が治まることはまずありません。

通常は使用を中止して2ヶ月程度で元に戻ると言われているため、「あれ?くすんでる!?」と感じた際には、まつげ美容液(育毛剤)をお休みしましょう。

これらの対策とあわせて、十分な睡眠や規則正しい生活を心がけ、肌のターンオーバーを促すのもおすすめです。

色素沈着しないよう予防するのが一番ですが、もし「くすみ」や「黒ずみ」を感じた際には、早めに対処することを忘れないで下さいね。

安全にまつげを育てるには

医薬品・市販品に限らず、まつげ美容液はデリケートな目元に使用するもの。

そのため、ユーザーの体調や体質、誤った使い方などにより、皮膚トラブルなどを起こす可能性がゼロではありません。

安全にまつげを育てるためには、

  • 医師の処方のもと購入する
  • 容量や使用頻度をきちんと守る
  • 事前にサンプルなどで試し、問題がなければ使用を継続する
  • 価格重視の安易な個人輸入は避ける

など、十分注意することが大切です。

特に、ビマトプロスト配合のまつげ美容液(育毛剤)を使用する際には、安い価格に惹かれ個人輸入に飛びつく人も少なくありません。

しかし安易な個人輸入はトラブルのもと!偽物が売られていることもあるうえ、全ては自己責任です。個人輸入を利用する際には十分検討することをおすすめします。

また、皮膚がデリケートな方やまつげ美容液初心者の方、どうしても色素沈着がこわい!という方は、低刺激で成分にこだわった「市販のまつげ美容液」から始めるのも一つの方法です。

医薬品ではなく、化粧品であれば刺激が強い成分が含まれていないので、個人差はありますが副作用もほとんどありません。

目的や効果、副作用を確かめた上で使用すれば、安全にまつげを育てることができますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

せっかく美しいまつげを手に入れても、色素沈着などの皮膚トラブルが起きてしまうのは残念ですよね。

しかし、ビマトプロスト配合のまつげ美容液はその確かな効果が何よりの魅力!色素沈着を防ぎながら、上手に付き合いたいのが本音です。

使用の際には医師の指導を受けながら安心安全に使用する。もしくは市販のまつげ美容液から始めて、フサフサまつげを育てて下さいね。

編集部おすすめのまつげ美容液

eyelaceed(アイラシード)|まつげ美容液

株式会社スリーズより販売されているまつげ美容液アイラシード。発売半年で累計販売本数3万本を突破するなど、かなり話題のまつげ美容液。美容皮膚科・アイリストとの共同開発で、まつげを伸ばして太くする成分を贅沢に配合。また全て国内工場で製造し、合成香料、合成着色料、シリコン、鉱物油、紫外線吸収剤、オイルを使用しない無添加仕上げにより安心して利用できるのも人気なポイント。気になった方はぜひチェックしてみてください!

この記事を読んだ方はこんな記事も