「まつげ美容液を購入したけれど、いつまで使えるの?」

「かなり前に買ったけれど、使っていいの?」

という疑問はありませんか?

デリケートな目元につけるアイテムだからこそ、まつげ美容液の使用期限が気になる人も多いことでしょう。

そこで、本記事ではまつげ美容液の使用期限や安全に使うためのポイントをまとめました。

スポンサーリンク

まつげ美容液の使用期限はあるの?

まつげ美容液は開封前と開封後で使用期限が異なります。それぞれチェックしておきましょう。

【未開封】

化粧品の安全性などについて定められた法律「医薬品医療機器等法」では、「製造又は輸入後適切な保存条件のもとで3年を超えて性状及び品質が安定な化粧品は、使用の期限を記載しなくても差し支えない」とされています。

したがって、パッケージや容器に期限が明示されていない商品は、製造から3年以内を消費期限とするのが一般的です。

【開封済】

開封すると、中身が空気に触れ酸化するので、徐々に品質が低下していきます。

また、塗布部分が直接まつげに触れるので、塗布部分に付着した汚れや雑菌が美容液に混入して品質を低下させることもあります。

目の粘膜に近いデリケートな場所に使うものなので、開封済の使用期限は1~3ヶ月を目安にしましょう。

なお、オーガニックや無添加のまつげ美容液は、未開封・開封済に限らず使用期限が短い場合があります。期限がパッケージなどに記載されているかどうかを確認してから使用しましょう。

 

使用期限を守らないとこんなトラブルが!

未開封・開封済に関わらず使用期限を守らないと、次のようなトラブルを生じる可能性があります。

  • 目の充血や目の痛み
  • 目や目元のかゆみ、かぶれ
  • 目やにの増加
  • 目元の肌荒れ

不要なトラブルのほか、まつげ美容液の品質が低下して効果を十分に感じられない場合もあります。

「いつ購入したか覚えていない」「開封してかなり時間が経過している」など、使用期限に不安がある場合は、商品の使用を控えましょう。

なお、使用したときにピリピリする、かゆいなど何らかの違和感があった場合は、手でこすらないよう注意して水やぬるま湯で洗い流しましょう。

症状がおさまらないなら、早期に眼科や皮膚科を受診してください。

 

安全に使うには?

まつげ美容液を安全に使うには、保管や使用方法に注意するのが大切です。

 

安全に使うための保管方法

未開封・開封済を問わず、保管方法を知っておきましょう。

高温・多湿は避ける

風通しが良く、湿気が少ない場所で保管します。冬場、暖房器具のそばは高温になるので注意してください。湿気が多い洗面所での保管も避けましょう。

なお、通常、化粧品は常温保管が基本です。真夏でも35度以下の室温なら心配ありません。

 

直射日光をあてない

窓際など、直射日光があたる場所は避けます。直射日光が当たると、容器内部が高温になり、容器の破損の恐れもあります。

 

真夏は冷蔵庫保管も検討

室温が35度を超える猛暑日は、冷蔵庫で保管するのも良いでしょう。

ただし、冷蔵庫から出し入れする際の温度変化で品質が低下する可能性があるので、温度が高めの野菜室を活用するのがおすすめです。

なお、まつげ美容液に配合される成分の中には、冷やすことで結晶化・変質の恐れがあるものもあります。気になる場合は、冷蔵庫保管についてメーカーに問い合わせましょう。

 

開封済のまつげ美容液は衛生面に気を使う

開封後は、雑菌の繁殖などを防ぐために衛生面に気を使うのも大切です。

クレンジング、洗顔後の清潔な肌に使う

目元に残った汚れが美容液内に混入しないよう、清潔な目元にまつげ美容液を使用しましょう。目元が汚れていると、美容液成分がきちんと浸透せず、効果を十分感じられないこともあります。

チップなどの塗布部分に汚れが付着した場合は、ティッシュなどで拭き取っておきましょう。

フタを開けっ放しにしない

フタが開いていると、美容液が空気に触れて酸化したり、空気中のほこりや雑菌が混入したりします。いずれも変質・品質劣化の原因になるので、使用後は必ずフタを閉めましょう。

 

期限内に使い切るには?

品質が保てる期限内に使い切るために、2つのポイントをおさえておきましょう。

メーカー推奨の使用回数や使用量を守る

まつげ美容液の容量は、2~3ヶ月で使い切れる量に設定されていることがほとんど。メーカーが推奨する使用回数や使用量を守って、期限内に使い切りましょう。

また、メーカーは、効果を感じるのに必要な使用回数や使用量を推奨しています。コスパを気にして少なめに使っていては、使用期限内に使いきれないだけでなく、効果そのものを感じられせん。

開封日をメモしておく

まつげ美容液を開封した日をメモしておきましょう。使用開始日を忘れてしまって、うっかり使用期限を過ぎたものを使用するのを防げます。

開封から3ヶ月が過ぎたまつげ美容液は中身が残っていても廃棄して、新しい商品を使ってくださいね。

 

まつげ美容液の品質低下のサインを知っておこう

次のような状態になっていたら、品質低下のサイン。目安期限の3ヶ月以内であっても、使用を中止しましょう。

  • 色が変わるもともと白っぽい美容液が黄~茶色に変色する、透明な液体が濁るなどは品質低下の可能性
  • 異臭がする異臭がする場合は腐敗している恐れあり
  • 美容液の質の変化や分離とろみがあったのに水ぽくなる、塊ができてざらつく、水分と油分が分離するなどは品質低下の可能性

少しでもおかしいと感じたら、目や肌へのトラブルを防ぐためにも新しいまつげ美容液に変えましょう。

 

まつげ美容液の使用期限が気になるあなたにおすすめの商品

まつげ美容液を最後まで安全に使いたい、使用期限が気になるという人におすすめの商品を紹介します。

フローフシ THE まつげ美容液

 

【ここがポイント!】

  • 空気が逆戻りしないエアレス容器…酸化による美容液の品質低下を防ぐ
  • 指で塗る…一般的なまつげ美容液の塗布部分がないので、雑菌が入るのを防げる

 

【商品詳細】

すこやかなまつげを育む土台となるまぶたをケアするまつげ美容液。抜けにくく、密度のあるまつげになれると人気の商品です。

アイクリームとしても使えるので、目元の乾燥ケアにもおすすめ。

 

アイラシード

【ここがポイント!】

  • 容量は約1ヶ月分…品質が低下する前に使い切れる
  • お得な定期コース…毎月商品が自動で届いて、フレッシュな状態のまつげ美容液を使える

 

【商品詳細】

まつげの成長をサポートして、太くしっかりしたまつげを育むキャピキシルとワイドラッシュを配合。フサフサまつげを目指したい人におすすめの商品です。

6つの無添加処方で、デリケートな目元にやさしい処方なのも魅力。

 

まとめ

まつげ美容液の使用期限や安全に使うためのポイントは理解できましたか?

目の粘膜に近い部分やまつげに塗る商品なので、品質が劣化した商品を使用するとトラブルを起こしかねません。

使用期限内に使い切ることや正しい保管方法を心がけて、使用してくださいね。

この記事を読んだ方はこんな記事も