いつまでも元気で長生きしてほしい愛犬のために、サプリメントを与えようと思っている飼い主さんも多いはず。

そこで今回は、犬用のサプリメントはいつからどのようにあげるのが効果的か、また一日の内のいつのタイミングがベストなのかなどなど、愛犬にサプリメントを与えるときのさまざまな疑問についてご紹介します。

さらに、サプリは本当に効果があるかについてもご覧いただきますので、ぜひ愛犬へのサプリを考えている飼い主さんは参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

犬用サプリって効果あるの?

犬用サプリは実際に効果があるか、ズバリその答えは「ある」です。

サプリは、その症状にピンポイントの目的で購入しますし、配合されている成分も、お悩みを改善することに役立つものばかり。

つまり悩みにクローズアップした成分を選んで購入し、愛犬に与えることができるというメリットがあるのです。

ワンちゃんのお悩みや症状など、目的別に適切な方法で与えれば効果があると言えるでしょう。

人気の犬用サプリの種類と解説

安全で、さらに安心して手軽に愛犬の健康管理ができるとして、サプリは昨今人気急上昇です。

中でも特に人気の種類が以下のようなものとなっています。

総合的な栄養補助サプリ

ビール酵母やプロポリス、ビタミン類を強化したものなど、幅広い栄養素を含んだ総合的な栄養補助サプリのこと。

関節ケアサプリ

犬の疾患の中でも特に多い、関節の疾患を予防するためのサプリ、グルコサミンやコンドロイチンなどを配合し、加齢とともに衰える関節や遺伝的要因で発症しやすい疾患の予防に役立ちます。

においケア、腸内環境正常化サプリ

腸内細菌を整えることで、うんちの形状を良くし、うんちのニオイを軽減、体臭を抑える効果のあるサプリです。

免疫力アップ、がん予防サプリ

体全体の免疫力アップでがん予防をしたり抗がん効果を期待できるサプリ、プロポリスやβグルカンなど健康の維持に欠かせない免疫成分を配合しています。

目の健康サプリ

白内障や緑内障、加齢による視力低下など目の病気を予防するために飲ませるサプリ、眼の病気の予防として日ごろから与える人も多く、アントシアニンやアスタキサンチンを含有しています。

 

犬用サプリの効果とは?

近年では動物病院でもサプリを推奨しているところも多くなっています。

ピンポイントで希望する成分を摂取できるサプリはかなり効果があり、薬ではないため毎日食べさせても副作用の心配がないという点でも、健康維持にかなり大きな役割を果たすと言えるからです。

症状別に適切なサプリを利用することで、愛犬の体の悩みやこれから先の病気の予防に大いに役立つ、それがサプリの魅力であり最大のメリットだと言えるでしょう。

 

犬のサプリメントの選び方

ワンちゃんにサプリメントを与えるなら、選び方はぜひ慎重に行いましょう。

選び方を間違えてしまうと、せっかくの効果が発揮できないだけでなく、成分を無駄にすることになってしまいます。

愛犬用のサプリの選び方は慎重に、以下のような項目に気をつけながら選ぶようにしてください。

天然由来の成分を使っているものを選ぶ

天然の素材から成分を抽出して配合しているサプリを選びましょう。

天然成分は体に良く吸収率も高いこと、さらに継続して使うことを考えれば、体の負担も考慮する必要があるからです。

大切なワンちゃんだからこそ、自然なものからとった成分というのは大切なことです。

アレルギー成分が入っていないかを確認

昨今ではアレルギーを持ったワンちゃんも増えています。

アレルゲンの入っていないサプリメントを飼い主がしっかり選ぶことは、アレルギーのあるワンちゃんにとっては命にかかわる問題です。

成分表示が曖昧だったり、しっかりと成分を明示していないものは避けるようにしてください。

まずはサンプルを利用して続けられるかを確認する

最もおすすめは、サプリのサンプルを実際に利用してみてから本格的に始めるかどうかを決めるという方法です。

サンプルを試してから決めることで、せっかく購入したのにムダにしてしまったり、愛犬があまり好きな風味や味ではなく食べてくれないなどのリスクを回避することができるでしょう。

 

犬用サプリメントの効果的な与え方は?

サプリをいつどのように与えたらよいかも悩みどころです。

またいつからサプリ摂取を開始するか悩んでいる人も多いはず。

そのまま美味しく食べられるようになったおやつタイプのサプリなら始めるのも簡単ですが、それ以外のタイプのサプリはどのように与えたらよいのでしょうか。

錠剤やカプセルならソフトタイプやゼリー状のえさに混ぜる

サプリメントが錠剤またはカプセルの場合、そのまま飲ませることは難しいでしょう。

半分や四分割に割ってソフトタイプのエサに混ぜると、喜んで食べてくれることが多いのでおすすめです。

また缶詰やゼリー状のエサの場合には、一口分にサプリを入れスプーンなどで口に入れて飲み込ませるなどの方法を試してみてください。

粉末状や液状なら水に混ぜたりエサに振りかけたりする

粉末状のサプリなら、一口分の水に混ぜて与えるかエサに振りかけるというのが手軽で確実です。

また液状のサプリもあり、これはそのまま食べさせるかエサに混ぜるとよいでしょう。

人間用サプリメントを犬にあげても大丈夫なの?

飼い主自身もサプリの愛用者なら、自分が飲んでみてとても調子がいいサプリを、愛犬にも飲ませてみようという人も多いものです。

しかし、この考え方は飼い主の主観によるもので正しいとは言えません。

なぜなら、犬は人間とそもそも体重や体の内部の作りが異なります。

成分を過剰摂取してしまったり、犬には害となる成分も人間のサプリには入っている場合もあります。

人間用サプリメントで自分のように元気になってほしいという気持ちはわかりますが、危険なので人間用をワンちゃんに与えるのはやめましょう。

 

与える際の注意点

サプリメントで健康になってもらいたいなら、与える際の注意点をしっかりと守りましょう。

愛するワンちゃんのため、与え方や方法をしっかりと厳守してください。

決められた容量用法をきちんと守る

体によさそうだからたくさんあげたり、勝手な判断で量を増減させたりしないようにしましょう。

薬ではないので、副作用の心配はありませんが、一日の摂取量の目安が必ずあるはずです。

記載された量と用法を守ってあげましょう。

保存方法や消費期限を確認

サプリメントは基本的に健康補助食品です。

そのため決められた保存方法や、いつまでに消費すべきという期限が設けられています。

また保存料無添加の場合、開封後の保存が冷蔵庫だったりすることもあるので要注意です。

病気療養中で服用している場合には獣医師と相談を

愛犬が何らかの病気で他の薬を服用していたり、病気治療をしているときには、成分を獣医師に確認してもらってから服用させるようにしましょう。

薬と相性が悪い成分が入っていないか、薬や治療の妨げにならないかなど、必ず確認して与える事が大切です。

継続してみる

薬ではないため、サプリメントには即効性がないものがほとんどです。

いつから効果が出始めるかはそれぞれのワンちゃん次第、さらにいつから飲ませているかによっても効果の出方は異なるものです。

ある程度の期間継続してみて、はじめて症状が改善したり緩和したりするというのがサプリの効果なので、まずは継続してみるとよいでしょう。

 

まとめ

犬用サプリメントは、しっかりと容量用法を守り、改善したい症状に効果のあるものをピンポイントで選ぶことで、ある程度の効果を発揮できるように作られています。

愛犬の健康や寿命、健やかな人生をサポートしたいと考えるなら、ぜひ犬用のサプリメントを使い始めてみましょう。

 

編集部おすすめのドッグサプリ

わんかーむ|おやつ型サプリ

株式会社fosterより販売されているおやつ型サプリのわんかーむ。発売半年で累計出荷数4万枚を突破するなど、愛犬家に大人気のおやつサプリです。獣医師とドッグトレーナーが監修しており、天然ハーブ由来のリラックス成分バレリアンを配合。わんちゃんの心と体の健康を一番に考えて作られています。また全て国内工場で手作りしており、着色料、保存料、グルテン、4Dミート、酸化防止剤、石油由来成分を使用しない無添加仕上げにより安心して与えられるのも人気なポイント。気になった方はぜひチェックしてみてください!

この記事を読んだ方はこんな記事も