人間同様、愛犬も年齢を重ねると加齢によるさまざまな症状が出てくるようになるものです。

特に老犬になると気になるのが目の病気です。

老犬になると目の病気にかかる子が多くなり、涙やけや白内障になるワンちゃんも珍しくありません。

そこで今回は、愛犬の白内障の原因や対処法、おすすめサプリメントをランキング形式でご紹介します。

ぜひランキングを参考に、それぞれの症状やお悩みにあうものを選んでください。

 

スポンサーリンク

犬の白内障とは

白内障と聞くと、まるで人間のお年寄りがかかる病気をイメージされるかもしれませんが、実はワンちゃんたちの白内障も珍しいものではありません。

犬の白内障とは、眼の中にある水晶体というレンズの役割を果たす部分が白濁し視力低下してしまう病気です。

原因はさまざまですが、遺伝的要因のほかにも、年齢を重ねることで水晶体の成分が変化したり、劣化することによるものも多く見られます。

水晶体は、眼の中に入ってくる光を屈折させて網膜に届けるという役割がありますが、白内障で水晶体の透明度が低くなると、視界がぼやけたり見えにくくなったりします。

さらに恐ろしい事に、白内障の症状が進行してしまうと、やがて失明することもあるのです。

 

白内障の原因と対処法

白内障は、水晶体を構成しているたんぱく質が変化し、本来は透明であるはずの水晶体が白く濁ってくることで発症し、瞳が白濁しているように見えるのが外見的な症状です。

そして、この水晶体の濁りが起こる主な原因は原発性白内障と後天性白内障があり、後天性白内障はさらに細かく分類することができます。

原発性白内障

原発性白内障の場合は、遺伝的要因による白内障なので予防することが極めて難しいといえます。

対処法としては、初期であれば点眼薬や内服薬で進行を遅らせる対処療法などの選択肢があります。

症状が進行してしまった場合には、外科手術で根本的な治療をする方法もあります。

後天性白内障

後天性白内障は、何らかの原因があって白内障になるため、原因がわかっていれば予防したり原因を取り除くなどの工夫ができます。

後天性白内障の原因は主に以下のようなものがあります。

加齢による白内障

老犬になれば、体の機能が低下したり衰えたりするように、眼の機能も同様に衰えてくるという原因です。

対処法としては、老犬になる前にサプリなどで目のケアをする、定期的に獣医師に診察してもらい白内障の予防を徹底していくなどという方法があります。

基礎疾患による白内障

他の病気が引き金となって白内障を引き起こすこともあります。

昨今ワンちゃんたちに急増している糖尿病や、低カルシウム血症、ぶどう膜炎などが原因となるものです。

基礎疾患で白内障を発症させないためには、やはり飼育環境に気をつける事が大切です。

年齢とともに増えてくる病気や疾患に気をつけて飼育したり、肥満や栄養の偏りを予防し、少しでも気になる事があれば獣医師に見せるようにしましょう。

また、肥満や栄養の偏りは、サプリで簡単に改善することも可能です。

サプリなら、健康を維持した生活をするうえで安全に使用できますし、飼い主側も手軽にワンちゃんの健康維持ができるでしょう。

有害物質の影響による白内障

ジニトロフェノールやナフタリンといった、身近に潜む化学物質や毒物が白内障を引き起こすこともわかってきています。

人間にとっては無害でも、犬にとっては有害なものもあるのです。

特に、ジニトロフェノールは防腐剤や除草剤として用いられることもあるため、犬が接触してしまったり、摂取してしまうリスクが高い成分です。

ナフタリンも防虫剤として利用されていることが多いため、犬が接する機会も多く注意が必要となります。

その他の原因による白内障

ストレス、潰瘍治療に用いる放射線、感電事故などによる電気ショックも白内障の原因となる場合があります。

この場合の対処法としては、飼育時にストレスを発散させる機会を設ける、潰瘍治療で放射線を使用する際には獣医師としっかりと話し合うなど、それぞれのシーンで対策を考慮するようにしてください。

 

おすすめサプリランキング

ではここからはおすすめのサプリをランキング形式でご紹介します。

どのサプリも、実際に自分のワンちゃんに与えてみて効果を実感した方が良い口コミを寄せていたり、リピートしているものばかり。

サプリで手軽に可愛いワンちゃんの白内障ケアに役立ててみてください。

 

1.ディーエイチシー (DHC) 愛犬用ぱっちり

クリアな視界に役立つ成分が豊富だという口コミが多く寄せられています。

実際アントシアニンを含有するブルーベリーエキスに加え、ルテインやアスタキサンチンなどの抗酸化作用のある成分も同時配合しています。

白内障ケアだけでなく、涙やけのあるワンちゃんにも効果ありなのでおすすめです。

 

 

2.毎日愛眼 ブルーベリー&ルテイン

白内障に効果のあるルテインを高純度で配合した、さまざまなサイトでも高評価を獲得しているサプリです。

ブルーベリーエキスはもちろん、目の中の雑菌の繁殖を抑えたり腎臓、肝臓機能を向上させるメグスリノキも配合している点がおすすめです。

 

 

3.愛犬用アイケアサプリ アイズワン

犬の管理栄養士と共同開発した本格的なワンちゃん専用アイケアサプリです。

サプリを嫌がるワンちゃんも喜んで食べてくれるという口コミからもわかるように、チキン味なので食いつきが心配な飼い主さんにもおすすめです。

アントシアニンやアスタキサンチン、さらに健康に役立つDHAやEPAも手軽に摂取できる点が高い評価を得ていて、老犬の白内障にも効果を発揮してくれます。

 

 

4.犬専用プレミアムサプリメント ビガープラス アイ

高純度プロポリス、ブルーベリー、ルテインを同時配合、さらに眼に良いとされる色素成分カロテノイドまで配合しています。

紫外線や日々目に受ける刺激から大切なワンちゃんの目を守ると同時に、年齢によるさまざまな目の病気を予防する働きに優れているので、口コミでも高評価となっています。

 

5.明治製菓 パナキュアルテイン M 

マリーゴールドから抽出したルテインをはじめ、トマト由来のリコピンなど強力な抗酸化作用を持つ成分を配合したサプリです。

眼の健康維持だけでなく、若々しい艶のある瞳にする成分が豊富なので、涙やけや視力低下に悩むワンちゃんの飼い主さんからもおすすめの口コミ多数です。

 

愛犬の白内障サプリの選び方は?与え方の注意点はあるの?

愛犬の目の健康を守り、白内障を予防するためにはサプリの選び方や与え方などいくつかの注意点を守ることも大切です。

白内障予防サプリメントの選び方

白内障予防や症状緩和のためにサプリを選ぶときには、サプリの効果をアップさせ、より安心安全の元でその成分を摂取できるように、以下の点に配慮しながら選んでみましょう。

  • アレルギーがあるワンちゃんは、成分に気をつける
  • そのサプリメントを実際に使用した人の口コミや評価を参考にする
  • きちんと摂取量や配合成分を明示している物を選ぶ

 

白内障予防サプリメントの与え方の注意点

サプリメントをワンちゃんに与えるときにも、与え方や守るべき注意点があります。

  • 一度に与える量をきちんと守る
  • カプセルや錠剤の場合、気が付かないうちに吐き出してしまっていることもあるので飲み込んだかどうかをしっかり確認
  • 与え始めたら体調の変化など経過をしっかり観察、合わないや違和感などがあったらすぐにやめる
  • サプリメントの場合飲み始めてから効果が出るまでは時間がかかることが多いので、継続して飲ませて様子を見る
  • 極度に衰弱している老犬や年齢に合わないサプリを与えない

 

まとめ

いつの間にか飼い主の年齢を追い越してしまう愛犬。

少しでも楽しい時間を共に過ごすためには、眼の健康が非常に大切です。

日ごろからサプリメントで目の病気を予防するとともに、日常のお散歩や普段のしぐさなどをしっかりと見て、白内障をできるだけ早期発見できるようにしましょう。

 

編集部おすすめのドッグサプリ

わんかーむ|おやつ型サプリ

株式会社fosterより販売されているおやつ型サプリのわんかーむ。発売半年で累計出荷数4万枚を突破するなど、愛犬家に大人気のおやつサプリです。獣医師とドッグトレーナーが監修しており、天然ハーブ由来のリラックス成分バレリアンを配合。わんちゃんの心と体の健康を一番に考えて作られています。また全て国内工場で手作りしており、着色料、保存料、グルテン、4Dミート、酸化防止剤、石油由来成分を使用しない無添加仕上げにより安心して与えられるのも人気なポイント。気になった方はぜひチェックしてみてください!

この記事を読んだ方はこんな記事も